個人が大手に勝つマーケティング

突然ですが、ある商品を営業マンから購入したとします。
無事に契約し、スムーズに納品。購入した品物に特に不都合はないけれど、その後営業マンからは音沙汰がない……。
というのは、よくある普通のことです。

営業マンから買うものとしては保険などもそうですが、納品後のアフターサービスというのはないのがほぼ当然。

ではあるのですが、静岡のお客さんは「会って話をしない」営業に不満を抱く傾向があります。
もちろん、営業マンの方は品物に不具合があったときに連絡をすれば親身になって対応しますよね。しかしそれでは不十分だと考えている人が非常に多いと感じるのが正直なところです。

この心理に、個人や中小企業が大手に勝つことのできる可能性が存在します。
静岡のお客さんたちは、営業マンの定期的な訪問を求めており、契約・納品の後に数ヶ月連絡をしなかったらなんだかよそよそしくされた、ということもザラにあります。
逆に考えれば、一月に一度程度の頻度で定期訪問を続ければ、信頼関係を築くことが可能になるわけです。信頼してもらえれば、その後も新たなビジネスへとつなげることが可能になりますね。

密なアフターサービスというのは、大手ではなかなか手の届かない部分です。
もし静岡で事業を展開しようと考えている方がいらっしゃいましたら、アフターサービスが大切な要素となります。
何もなくても、何をおいても会って話をする。
泥臭いやり方ではありますが、これが静岡では絶大な効果を発揮するのです。

関連記事一覧